全国緊急事態宣言を受けて                   弊社の新型コロナウイルス感染症防止の取組

△ 3月5日社長が全社員に向けて通達を出しました △

 

 

 


 

  全社員にLINEWORKSで一斉に連絡するとともに

     職員通用口に張り出しました

 

 4月1日新年度の朝礼では

   社長より3月31日まで延長していた宣言を

       当面続けると挨拶がありました

 

  ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

社長の宣言を受けて、

 現在まで実施してきた取り組みは次のものです。

       3月12日付ブログ「わが社のコロナウイルス対策」へリンク

 

  その他に

 

  ▽ ハンドソープを設置し手洗い習慣の徹底

 

  

 

  ▽ 室内換気の徹底

     換気扇のスイッチは常時稼働  

     開閉可能な窓からの換気を定期的に実施 

 

   

  ▽ ウイルス除去・除菌 首掛けを全社員に配布

 

    

 

 

  ▽ 協力会社関係者に一斉にFAXで協力要請

 

 

 

 

 ▽ 正面玄関カウンターに間隔を開けました

 

   

 

 

 

受付の女性事務員は、名古屋市で初の感染が発表された翌週の2月24日より

マスクを着用し対応させていただいております。

 

4月13日から電車通勤者は車通勤と時差通勤に切替

 

深刻さを増すばかりの、新型コロナウイルス感染症、

「三密」を避けるとともに

当社としてできる対策を引き続き検討していく次第です。

 

 

 


でんでんむし





カブトムシにつづいて



でんでんむしです。



新美南吉さんの



「でんでんむしのかなしみ」



というお話を



最近教えて頂いたので



メンタルヘルスつながりで



書こうと思います。





どういうお話かというと



でんでんむしがあるときに



自分の背中の殻の中に



「かなしみ」が詰まっていることに



気づきます。



そして仲間のでんでんむしに



そのことを言うのです。



しかし仲間のでんでんむしは



誰に聞いても



「あなたばかりではない。



自分の殻にも



「かなしみ」が詰まっている」と言いました。



そして「かなしみ」は



誰でも持っていることに気づき



嘆くのをやめた。



という感じのお話です。





人は「かなしみ」ばかりでは



ないかもしれませんが



皆 「何か」を



背負っているのだろうと思います。



そして時に楽しく、時に哀しく



明日に向かって生きるのだと思います。



そうやって考えると



なんとなく 見る人の背中に



見えない殻がついているように



見えてきます。



この人の背中は



何を背負っているのだろうと



思いながら話をすると



より深く人を理解できるかもしれません。
















でんでんむしのかなしみ 新美南吉



http://www.aozora.gr.jp/cards/000121/files/43403_16820.html


 

職場のメンタルヘルスについて



最近こころの健康



(メンタルヘルス)について



とりあげられるようになってきました。



デリケートなテーマですが



受け身にならず思い切って



書いてみようと思います。



気分のいい時、悪い時は



誰にでもあると思います。



しかし気分の落ち込んだ状態が



長く続くのは



とても健康によくないのです。



もし、職場で自分が、仲間が



そのような状態になった場合は



どのように対応すべきなのか?



又、その本人は何を感じているのか?



その心理に触れてみましょう。










(落ち込んでいる人の心境)



落ち込んでいる人の心境としては



「この気持をわかってもらえない」



ということが一番つらいらしいです。



責任感が強く真面目な人で



敏感な人のほうがなりやすいようです。



完璧を求めてしまうのもそのようです。










私が思う対処法としては



とにかく全て肯定すること。



できない部分があっても



いずれできるようになるという



考えですね。



今できてなくても



大器晩成でいいんです。








(どのように対応すべきか?)



まず第一に話を聴くことです。



ここでは効率や原因解決などの



仕事的な考えはいりません。



私も練習中なんですが



3分でも4分でも



黙って話を聴く練習が必要です。



これに意識していると



自分が自分のことしか話さない



人間だということに気づき愕然とします。



ある意味何かを解決することが目的ではなく



話をすることが目的なんです。



そこに共感や同調があれば



どんなにこころ強いでしょうか?








合同会議でも少し話を



させて頂こうかと思いますが




想像以上に数多くの人が



苦しんでいる問題です。



誤解や偏見も多く



まわりに言えない



できれば言いたくない



というのも 本音だと思います。



多様性の求められるいま



能力開発のひとつだと思って



みんなでやってみませんか?



きっと爽快な気分になりますよ!!









1

東浦土建株式会社

〒470-2105
愛知県知多郡東浦町 大字藤江
字柳牛28-1
TEL 0562-83-4184 
FAX 0562-83-9134

東浦土建株式会社ホームページ

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

エントリ

カテゴリ

アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

サイト内検索

その他

モバイル

qrcode