馬鈴薯が届いた

本日昼頃、創業当時の専務さんが来社

趣味の畑で育てた馬鈴薯を差し入れしてくださりました🥔

 

 

コーヒーを飲みながら歓談 ☕

 

昨日ブログに載せたオート三輪について聞いてみたところ

昭和35年の写真で

前年の昭和34年9月の伊勢湾台風の復旧作業で

活躍した車だということが判明しました

 

 

伊勢湾台風の時は、本社の東側の道まで海水が浸たり

堤防復旧など大変なご苦労があったようです

 

現在は堤防の整備も進み、穏やかな衣浦ですが

伊勢湾台風当時は想像を絶する悲惨な状況だったのでしょう

 

 

 当社では、平成12年度より堤防耐震工事の施工をさせていただいており

現在も施工中です(工事は年度に分けて発注されています)

  関連記事へリンク

 

 


東浦の由緒あるお寺 〜乗林院〜(じょうりんいん)

 

今回ご縁で東浦にある乗林院というお寺の

 

庫裏(くり)の改修に携わらせて

 

頂くことになりました。

 

庫裏とは、住職さんが

 

生活する場所のことです。

 

 

 

 

 

乗林院は浄土宗、本尊は阿弥陀如来。

 

慶長13年(1608年)

 

善導寺住職 

 

九誉雪底を開山として創建された

 

善導寺の塔頭(たっちゅう)です。

 

塔頭とは、

 

住職さんが次の住職さんに

 

お寺を継いだもらった後に

 

先代の住職さんが

 

おつとめをするお寺のことです。

 

 

 

 

同敷地内の善導寺には

 

徳川家康の生母 

 

於大の方の位牌が祀られています。

 

なので、大変格式の高いお寺になります。

 

 

 

 

 

 

乗林院の本堂に入ると上部に

 

籠(かご)がありました。

 

文化財級のものと思われますが

 

やはり格式の高さを感じられます。

 

地元の建築に携わる会社として

 

大変、身の引き締まる思いですが

 

みなさんと力を合わせて

 

頑張りたいと思います。


オート三輪

「オート三輪」を知っていますか?

 当社の古い写真集の中の一枚です

 昭和30年代頃の写真だと思います

 

 この頃は自動車学校を卒業しなくても

 直接、運転免許試験場で試験を受け

 運転免許を取得できた時代です

 

 運転席ボディには、会社名が書かれているようです

 

 

 

この時代があって今がある

どんな時代になっても先人への感謝を忘れず

日々精進していきたいと思います

 


通勤ライダー

 

念願のバイクで通勤です。

 

満面の笑みです。


 

 

便乗して、部長さんも

 

乗っちゃいました。

 

あいかわらず元気です。(笑)

 

 

 

 

 

ちょっとはずかしいので

 

スモークのフルフェイスヘルメットです。

 

通勤時間短縮。

 

安全運転で!!

 

 

 

 


東浦町は風情があります

東浦町には、昭和の懐かしい風情があります

朝 お使いの帰り道、高い煙突が目に入ってきました👀

 

 

東浦町は大正から昭和にかけて紡績が盛んだったそうです

 

 

この道を東に歩いていくとJR東浦の駅に出ます

 

 

東浦駅のある「JR武豊線」は、歴史が古く明治19年開業とのこと 

 

 

 

東浦土建本社は駅前ロータリーを挟んで駅の西にあります

 

 

お使いが終わり、本社到着です(^^)/

 

 

 



東浦土建株式会社

〒470-2105
愛知県知多郡東浦町 大字藤江
字柳牛28-1
TEL 0562-83-4184 
FAX 0562-83-9134

東浦土建株式会社ホームページ

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

エントリ

カテゴリ

アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

サイト内検索

その他

モバイル

qrcode