建て方が終わって

 無事に建て方が終了しました。

今日はお施主さんとお子さんが 現場にみえました。

少しずつ打ち合わせをしていった積み重ねが 実際の建物としてカタチになっていく。

現場を見ながら 「すごいよねー」といつも話しています。

たくさんの人のちからが加わって ひとつのものが出来上がっていく様は

やはり非常に感慨深いです。



現場をながめるお施主さんの姿でした。


祝!上棟!!

 今日は建て方 上棟の日でした。

天候にもめぐまれて作業をすることができました。









どんどんと進んでいきます。

さすが建て方。

一日で一気に進みます。













夕方には屋根の野地板まで貼れて建て方完了しました。

たくさんの大工さんのおかげで無事に終わりました。

ほんとうにありがとうございます。

いい家ができてきて 本当によかった。

感無量です。

土台取り付け

建て方(上棟)の前にもうひとつ工程があります。

コンクリートと木造部分をつなぐ土台を取り付けします。



材料がこれです。

これを大工さんが取付します。



コンクリートからのボルトに合わせてドリルで穴を開けていきます。



こんな感じで取付作業をして



取付終わるとこんな感じです。

右側の部材は柱が付いてから取り付ける手摺りの部材です。

さあ いよいよ建て方 上棟です。

良い天気で 安全に作業ができますように!!


型枠脱型

 養生期間を十分にとりまして 型枠解体しました。

壁式構造で鉄筋量が多かったので 慎重に打設しました。



セパレーターの割り付けやベニヤの割り付け等に注意して施工しました。



先行足場をかけて 2〜3階の木造部分の建て方の準備は整いました。

次回は 木造建て方です!!

レベリング

 さて、コンクリートも打設して現在 養生期間中なんですが、コンクリートの上の木造部分を施工するためにやっておくべきことがあります。

そのひとつが レベリングです。

コンクリートはまっすぐ水平にはなりにくいので
レベリング材(通称レベラー)を使って水平に近い状態にします。

これを木造の一番下の土台の下にくる部分に施工します。



まずはこのように型を取り付けして




順番に流し込んでいきます。

セメント系の材料ですが、自然に水平になるように水に近い動き方をします。




そして 打設完了です!

今回 高性能AE減水材を使用してコンクリートを打設したんですが、強度が出るのが非常に速いきがしました。

N30のコンクリートが1週間で26.1N!

この寒い時期はなかなか強度が出るのに時間がかかるんですが、さすが高性能ですね!


東浦土建株式会社

〒470-2105
愛知県知多郡東浦町 大字藤江
字柳牛28-1
TEL 0562-83-4184 
FAX 0562-83-9134

東浦土建株式会社ホームページ

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

エントリ

カテゴリ

アーカイブ

最近のコメント

リンク

プロフィール

サイト内検索

その他

モバイル

qrcode